神奈川県の障害者施設でおきた殺人事件について - 新着ニュースと話題〜神戸から発信!〜

スポンサードリンク



神奈川県の障害者施設でおきた殺人事件について

神奈川県の障害者

神奈川県で痛ましい事件が起きました。犠牲者にはご冥福を祈ります。

ところでこの事件を通し、どんな場所でも狙われる。

テロという形でなく、怨恨という形で、静かな人殺しをたくさんできる。

色々な問題が浮かび上がりますね。

こういう時、あなたはどうでしょう。

 

常に意識しよう

日本だと、どこを歩いても「まさか」人が襲ってくるとは思いません。

スマホを持って歩いても、日本だと襲われる確率は低い。

他国だと違う。一部の国では日本のようにスマホを持っても、襲われる確率は低いです。

治安の悪い場所に行くと、後ろからひったくられても、盗まれてもおかしくはない。

原因は一つ、普段からの危機管理が欠如しているからです。

今、私はパソコンを使って記事を書いています。

でもいつどこで、パソコンがぶっ壊れるかもしれない。

ある意味、びくびくしながらやっています。

もちろんパソコンは買い替えればよい問題です。

でも今までのデータがすべて消えたとしたら……

そうならないよう、バックアップは定期的に行っていく。

これも意識するかしないかで、大きく変わるわけです。

日本は地震に対する危険が付きまとっています。

他の国もいつ、どこで狙われるか?

意識しておくと、最悪の事態を避ける確率が高くなります。

 

様々なニュースを読んでいますか?

ニュースは常に流れています。

ニュースは「過去」に起きた出来事を語っています。

「今」に見えて、数時間前の出来事を語っているわけです。

ここ、要注意です。ニュースは「今」を表していると思うでしょうが、違います。

過去に起きた出来事を写しているのです。

人間関係のニュースなら「未来」に同じ内容の事件が起きる確率は高くなります。

もちろん、同じ人が行う確率は少ない。違う人がおこすのです。

なぜなら「自分を振り返らない、そいつと私は違う」考えるからです。

神奈川県の痛ましい殺人事件も「過去」の出来事です。

そこから防衛、スタッフのケアなどいろいろ目を向けなければ、似た事件が起きるでしょう。

なので、過去に流れたニュースは未来において、同じ事件を起こさないための勉強なのです。

そこに気づけば、ニュースがどんな意味を持つか、わかると思います。

ぜひニュースに対し「自分にも関係がある」という意識で読みましょう。

スポンサードリンク

2016-08-20 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441200189
この記事へのトラックバック
Copyright © 新着ニュースと話題〜神戸から発信!〜 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます