ベルギーの自爆テロを通し、私たちが今すぐ持つ平和意識とは - 新着ニュースと話題〜神戸から発信!〜

スポンサードリンク



ベルギーの自爆テロを通し、私たちが今すぐ持つ平和意識とは

テロ

ベルギー王国でISILの犯行による自爆テロが発生しました。

犠牲者には心からご冥福をお祈りします。

ところで大きな事件が起きた際、私たちは何をすべきなのでしょう。

決して他人事とみてはなりませぬ。

 

様々な情報を知る時代

テロリストは武力によって、情勢を変える狙いがあります。

またテロ事件が起きると株価が大いに乱れる。

それを狙い、大稼ぎすることもできます。

すなわち、スポンサーがこっそりテロリストを支援する。

テロリストが部下に命じで事件を起こしてもらう。そして株価が大いに売られるので、購入する。

数日たつと株価が元に戻るので、その隙に売る。結果大儲けに至る。

(実質円ドル相場において、テロが起きたとき、円が多くの投資家に購入されました。

翌日、円安に戻ったのです)

そこで、いろんな視点から情報を集める必要があります。

特に政治と経済は日々確認をしておきましょう。

 

経済に目をやろう

経済の基本は「価値」です。

すなわちある本やサービスにおいて「これは自分にとって価値がある」

感じた場合、価値をお金などで交換を行う。

金融の基本は「お金の流れを作る」すなわち、お金は取引によって流れます。

しかし誰も取引を行わなくなると、流れが滞ってしまうのです。

結果、景気が悪くなっていく。

そこで政府は少しでも国民にお金を使って流れを作るよう、自分たちでお金を使う。

結果、お金を使う人が多くなるほど(取引回数が増える)、景気が良くなる。

 

政治の基本は決まり事

政治は基本、予算や法律を作ります。簡単に言えば「ルール」を作る場が政治です。

ルールは私たちにとって都合いい・悪いを含んでいます。

すなわち「ルール」をできる限り私たちにとって都合のよい方向に作る。

「私たち」は曲者で、日本人もいれば外国人もいる。

我々含め、少しでも「自分に有利」な方向にもっていく。

そこで「争い」が発生するわけです。

見えない戦いだと情報戦や議員をスキャンダルによって落とす。

基本を知っておくと、私たちがすべきことは一つ。

「どんなルールが私たちにとって都合いいのか」

 

平和と戦争は紙一重

平和を維持するならその反対といわれる「戦争」について、深く考えなければなりません。

戦争は「自分にとって都合のいい部分」を得るために生じます。

当たり前ほどよく見直さなければ、周りに流されてしまうのです。

結果、最も都合の悪い現実がやってくる。ただそれだけのこと。

スポンサードリンク

2016-03-24 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
Copyright © 新着ニュースと話題〜神戸から発信!〜 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます