ショーンK氏の学歴詐称が発覚し、嘘をついても世に出る人は - 新着ニュースと話題〜神戸から発信!〜

スポンサードリンク



ショーンK氏の学歴詐称が発覚し、嘘をついても世に出る人は

k

ショーンK氏が学歴詐称を行っていたと、文春が述べています。

文春はどこでどんなネタを待ち構えているかわからないものですね。

ショーンK氏は学歴のみならず、コンサルタントも本当に仕事をしていたのか?

ショーンK氏を表舞台に上げた人はどんな絵図を描いているのか。

気になるところです。でもここからわかることもありますね。

 

嘘は必ず漏れるのか?

彼の学歴詐称が発覚したからといって、文春が売れる以外は特にどうでもよい話題です。

しかし学歴詐称をしてまともに勉強をしないまま、第一線で活躍されても困りますね。

嘘をつく人ってある特徴が出ています。

「自分に対し、異常なほどの自信を持つ」ということ。

異常なほどの自信を持つことは悪い事ではありません。

むしろ現代はマスコミなどによって、自信喪失を生み出しやすい環境にある。

その中に、嘘でもいいから士気を盛り上げてくれる人が存在すると、助かった気持ちになるのです。

 

米国大統領選挙にて

トランプ候補がいるでしょ。彼は述べています。

「不法移民を受け入れないために、メキシコに壁を作る。費用はもちろんメキシコ政府に払わせる」

どう考えても作れない、というか創ったらどんだけ費用をかけるのか。

(公共事業になればいいものの、支払人はメキシコ政府ですからね)

彼はあからさまに嘘を述べている。しかし賛同する人がとても多い。

トランプ氏は強いのです。ほかの候補に比べて情けない姿も大衆の前にさらしている。

全てをさらしながらも前向きに生きる人はとても強い。そこに期待を持つ人も多くいます。

 

嘘は誰もが付く

人間、正直に生きることは無理です。時と場合によって嘘をつかねばならないときがあります。

嘘をつくのも自分の身を守るためです。

ただしついた嘘が大きくなればなるほど、ショーンKさんのようにある日、人生が大きく崩壊する。

彼はここから正直な生き方が求められるでしょう。

そこに対し、いろんな感想はあっていいけれど、目くじらは立てる必要ないんじゃない?

と、私は思っています。彼が正直にその後、生きたら必ず表舞台に戻ってくるでしょう。

しかし嘘を再びつくようになったら、ますます追いつめられていく。

彼はどうなっていくのでしょうかね。

スポンサードリンク

2016-03-19 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
Copyright © 新着ニュースと話題〜神戸から発信!〜 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます