人工知能に働き場所を奪われないためにはどうすればいい? - 新着ニュースと話題〜神戸から発信!〜

スポンサードリンク



人工知能に働き場所を奪われないためにはどうすればいい?

最近、人工知能が色々学習をして危惧していることがあります。

「仕事を取られる」

要はロボットは一度購入してしまえば、後は報酬を払うことなく使われます。

結果、人がますますいらなくなります。ほとんどの仕事はロボットにさせればいいのですから。

そうなると人は堕落しますね。

 

人工知能に奪われる仕事

ろぼ

今は人工知能も研究中です、だから奪われる心配はありません。

しかし「もし奪われたら」という危機感だけは抱いたほうがいい。

人工知能が人間に近づけば近づくほど、人間が要らなくなっていく。

それどころか「ロボットにも権利」をという一部の人たちがおかしな方向に走る。

そこから人権論争に至り、難民と同じような争いに発展する。

ロボットが活躍すればするほど、人はますますいらなくなる。

私が経営者なら人件費を少しでも削り、人と同等の能力を示すロボットを採用します。

そして必死に頭を使って物事を考えない人は解雇します。

あなたも社長の目線で考えてみてください。

少しでも会社の利益を上げていき、社員を守っていかねばならない。

社員だけでなく、会社の未来を守っていかねばならない。

そうなると「怠ける人間」は採用したくないものです。

会社にとって不利益になりますから。

 

お客様を考えるときの注意

仕事において最も注意すべきことはお客様です。

お客様のためにやるのか?

お客様の不満を予測したうえで仕事に取り組むのか?

この二つは大いに違います。

そしてロボットに仕事を取られる確率が高い人は「お客様のために」やる人です。

と言いますのもお客様のためにやるということは、自分が押し付けることです。

確かにお客様のためにやることは仕事をする上で大切です。

しかし、「お客様のために」いいながら、自分が必要と思ったことだけをやる。

お客様が本当に求めているならいいのです。大半は求めていないことばかりです。

あくまでもお客様が求める情報を提供すること。

ロボットに仕事を奪われないようにするにはそこが必要だと思っています。

 

堕落したいのに働きたい

人間はわがままです。ロボットによって生産性が上がる。

すると人間は働かなくても生きていけれるようになります。しかし、働くことで生きがいを得る。

どっちやねんという矛盾がある。

矛盾は否定しちゃいけません、肯定するから面白くなります。

働くことで「働きたくない」と考えるようになる。

でも働きたくないが大きくなると、今度は「働きたくなる」

ロボット(人工知能)はこの感情をもつのでしょうかね。

スポンサードリンク

2016-02-21 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434066453
この記事へのトラックバック
Copyright © 新着ニュースと話題〜神戸から発信!〜 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます