世界各国が中悪い方向に向かっていますが、何を意味するのでしょう - 新着ニュースと話題〜神戸から発信!〜

スポンサードリンク



世界各国が中悪い方向に向かっていますが、何を意味するのでしょう

sekaitizu

サウジアラビア大使館が襲撃をうけて、イランとの国交を断絶する。という発表がなされました。

サウジアラビアは原油安で国家GDPもガタ落ち状態です。

平和に見えた社会ですが、今年は争いが大きく形となって出そうです。

 

ヨーロッパ

ヨーロッパ各国は移民と原油によって荒れています。

ちょうどウクライナがデフォルト宣言を出したことで、ロシアが合法的に領土を得るでしょう。

とはいえ、ウクライナもしたたかで、そう簡単にロシアが入れないよう、あの手この手を出しています。

お互いの貿易禁止を通し、険悪に。

一方EU諸国も移民問題で、かつて世界史で他国の領土や規則を破り続けた国が……

今度は自分の国がイスラム系移民らによって、破られようとしています。

歴史の因果を感じると同時に、彼らは今度イスラムにとって代わる世界となるのでしょうか。

 

アジア

アジア諸国は中国を筆頭にあれております。

中国は100年計画を立てて、国家を反映させるためにあちこち領土や領海を奪おうとしています。

中国は経済でも一見、「魅力ある」国に見えるのか、各国が甘い顔をします。

でも中国からすれば、甘い顔でちやほやされる間に全世界の覇権を握ろうとしている。

中国ほど古典を通して戦略や人間のはかなさ、愚かさを日本に伝えた国はありません。

現在は南シナ海で暴れておりますが、どうなるのでしょうか。

中国の武器は人数の多さなので、アメリカで大量の移民を送り込み、中華系の大統領を誕生させる。

結果として中国の間接支配をもたらすことができる……本当にしたたかですねえ。

 

日本として、私として

2016年は間違いなく荒れています。日本としてどんなことができるか?

深く考えないと、私たちが愚かなばかりに税金含めて、何でもかんでもかすめ取られる。

結局私たちの生活に余計な負担を強いられるだけです。

だから国際政治などをきちんと見ておきながら、「私(あなた)」として何をすればいいか?

考えておくとよいですよ。

私たちが普段考えていることが、多数決によって政治に反映されています。

それが民主主義の特徴なので。

スポンサードリンク

2016-01-16 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
Copyright © 新着ニュースと話題〜神戸から発信!〜 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます