農家からもらったニンジンを通し、「難しい」話をする - 新着ニュースと話題〜神戸から発信!〜

スポンサードリンク



農家からもらったニンジンを通し、「難しい」話をする

今日、家内が農家の知り合いからニンジンをもらってきました。

結構可愛いやつでして、食べるとニンジンに見えないのです。

べつのものを食べている感じ。

 

ニンジンってこんな味?

細いニンジン

ニンジンといえば赤い形をしています。

私がもらったニンジンはとても黄色く、赤くない。

それでいて普通のニンジンよりも細い。

食べると普通のニンジンよりも味がしない。

とれたての野菜って市場においてあるようなものと若干違います。

だからこそ貴重な体験ができます。

農家からするといたって普通のこと。

しかし農家でない私からすると、農家が普段食べる野菜は特別。

栄養成分は市場においてある野菜とどう違うかわかりません。

しかし、土から直接とれたものであり、しかも農薬がなさそう。

市場に出回っている野菜より農薬があまりかかっていなさそう。

こちらのほうが取れたてでおいしいかも。

こういった思い込みがよりおいしさを引き立てます。

このように、もらったニンジンを食べて思いました。

ちょっとした思い込みを解く話をもう一つ。

 

難しいものはない

世の中、難しいといえるものはたくさんあります。

でも難しいかといわれると、ちょっと違う。

正確に言うと、難しいのでなく、よく知らないだけ。

ここ最近、難しい計算式を解いていました。

仕事に関わってくる計算をやっているときの事。

たまたまその数式をみた姉が言いました。

「あんたは何難しい計算をしているの」

私からすると、普通に高校数学の計算をしているだけ。

高校数学に出てくる計算はルールさえつかんでしまえば、特に難しいことはない。

でも、普段から計算をしていない姉からすると、難しい。

「難しい」と感じる気持ちは「普段から接しているかどうか」だとわかりました。

普段から接しているとたいした難しいものではない。

でも、普段接していないと珍しいものに感じる。

結果として難しいと感じる。

 

難しいものなどない

ニンジンから難しい話をしました。

結局難しいかどうかは普段の勉強にあると言えます。

これ一つを知ると、難しいで拒否反応を起こすこともないでしょう。

スポンサードリンク

2015-11-14 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429576928
この記事へのトラックバック
Copyright © 新着ニュースと話題〜神戸から発信!〜 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます