ピンチ・ピンチ!チャンス・チャンス・・・ピンチはチャンスとは? - 新着ニュースと話題〜神戸から発信!〜

スポンサードリンク



ピンチ・ピンチ!チャンス・チャンス・・・ピンチはチャンスとは?

ピンチとはチャンスとは言うものの・・・どうしたらいいかよくわからない、なんてかたは居ませんか?

ピンチをチャンスにと言うか、脳の考え方が変わって楽になる、と書かれていたくだりをFacebook内で見つけたので、管理人なりに解釈して書いてみたいと思います。

 

正直、ピンチはチャンスとは言ってもなぁ・・・と管理人自身も正直思ってましたよ!

たしかに経営などで成功した有名人や著名人、ドラマなんかでもピンチと思えるときが転換点で、そこから飛躍的に発展していった・・・なんてのは客観的に視ればわかるのですが、自分自身のこと・・・となるとどうもねぇ・・・みたいな。
いったいどうすりゃええねん!!!みたいなときもありますよね。

 

 

で、そのピンチの時に唱えると良い呪文と言いますか、フレーズがあるそうで・・・
雨雨ふれふれ・・・の子供の童謡のフレーズに乗せて・・・

  1. ピンチ・ピンチ
  2. チャンス・チャンス
  3. ランランラン!!!

と歌うのだそうです。

これを唱える、歌うと脳の波動が変わって、チャンスを見つけるようになる・・・と書いてありましたが、たったこれだけで脳の波動が変わる、なんてかたはスーパーポジティブな人でしょう(笑)
たしかにこの歌を心の底から信じて、楽しそうに歌えばピンチはチャンスに変わるとは思います。

 

でも、そこはしょせん一般ピープルの管理人・・・これを読んでいるあなたもそうだと思いますが、ピンチの時にここまで明るい気持ちで無邪気に歌うことなんてできないと思います。

成功者は失敗またはピンチも楽しむ・・・なんてのも何かのビジネス書で読んだ気はしますが・・・

 

で、今回のこのフレーズの紹介には続きがあって、このピンチはどんな意味があって、自分はどのように成長できるのだろう???と考えよ!というのです。

 

たしかにそれならば、起こることは全て意味があって必然である、なんてよく言いますし、考えてみることもできると思います。

 

営業や人を説得するときといっしょで、適切な質問で脳は考えて答えを導き出す、と言いますから、これは自分自身の脳にも同じことが言えるわけですね。
自分自身の脳に適切な質問を投げかけるわけです。

 

このように成長しよう、ポジティブに捉えようと自分自身の脳に問いかけることで、脳は考えて、ピンチからチャンスへと変わるように答えを導き出せる、というわけです。

 

また脳から楽しむ波動を出さないと、ピンチ=困った・・・と脳が考え続けることで、困ったことが次々と引き寄せられる、とも言うんですね。

 

管理人なりにはこのように解釈しましたが、これを通して、成長していきたいと思います。

 

 

このブログを読んで、一人でも多くの方が仕事など前向きになって成功を収めてもらえれば、と思って書いています。

スポンサードリンク

2014-06-11 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 新着ニュースと話題〜神戸から発信!〜 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます